時代とともに行なわれるようになった家族葬

時代とともに行なわれるようになった家族葬

お葬式のかたちは、何か決まりがあるわけではありません。全国で見れば、そのかたちはさまざまです。宗教的な違いもありますし、故人の生前の考えでも変わってきます。基本的なかたちはあったとしても、自分たちの考え方によって細かい部分を検討していく必要があります。家族葬を選択するというのも、現代社会では一般的なことになってきました。現在に合わせた負担の少ない家族葬はメリットも多いため、家族で十分に送る時間を取りたい方には特におすすめです。

家族葬は、生前に関係の深かった人だけで行なうお葬式であると認識されるようになりました。密葬と混同されることがありますが、本葬を行なうことがないことから、別の方法といえます。本来の密葬は、家族が悲しむための時間を作るためであり、本葬として社葬を行なうところがポイントです。家族葬は、密葬とは異なり、一般的なお葬式として行なわれます。参列者は残された家族が選択するというところでも、全く異なる流れを持っているといえるでしょう。

お葬式全体を見ても、かなり増加してきていることが分かっています。首都圏では特に人気があります。まだよく知らない方がいるとしても、お葬式のかたちとして広まっていくのは間違いありません。これまでもお葬式が時代と共に変化してきたことを考えると、これもひとつの変遷といえるでしょう。それだけに、家族葬とはどんなお葬式なのか、どんな準備をしておかなければいけないのかを知らなければいけない時代になったといえます。これは喪主側になったときのマナーを知っておくことだけではありません。参列する側になったときでも考えておく必要があるでしょう。

役割として考えてみた時にも家族葬はいろいろな違いを生み出していくことになります。作法としての問題もなくなるわけではありません。手順にもいろいろと考えていかなければいけないこともありますし、手続きがなくなってしまうわけではありません。知っておかなければいけないことは、お葬式と同様に存在し、手配や準備という部分でも違いが出てくることになります。参列者の選定という部分でも、一体なにを基準に選んで判断するべきかという部分も考えおかなければ、呼ばれなかった人とトラブルになることもあります。時代とともに変化してきたからこそ、知っていて当然であり、知らなければいけないことが出てきます。いざというときを考えても、あらかじめ知識を持っておくことは大切です。

INFORMATION

【2018年11月09日】 
ホームページを更新しました。