家族葬で呼ぶ人の選別とお断り

家族葬の大きなポイントは、だれを呼ぶのか、呼ばないのかを決めることです。コンパクトなお葬式にするだけではなく、家族や近親者だけで行なうというところに大きな意味があるからです。しかし、呼ばれなかった人の問題も考えていかなければいけません。親戚が多ければ迷ってしまうことも考えられますが、ひとつの基準として考えられるのは、故人が会いたいと思っていた人です。いろいろと迷うことも出てくるはずですが、これまでのお付き合いもあったはずですし、呼びたい理由もあるはずです。故人の供養を考えた場合、故人が最後に会いたいと希望していた人を優先的に呼ぶことで悔いの残らないお葬式になります。

逆にお断りしなければいけない人が大半になってくるのが家族葬のネックなところです。コンパクトにすることを考えても選定は必要ですし、人数を把握するためにもはっきりとさせなければいけません。中途半端にしてしまえば、後からトラブルになる可能性が高いです。お断りする人には、はっきりと伝えることが大切です。家族葬であることを伝え、参列をお断りしなければいけません。連絡することによって、参列しなければいけないと勘違いする人も出てきます。中途半端な態度と反応が最も問題を大きくする要因だと考えておかなければいけません。

訃報を送る場合には、お葬式は近親者のみですることをはっきりと伝えておくことが大切です。故人の希望であれば故人の遺志によりといった言葉をつけて意思を伝えることで理解を得られやすくなります。