家族葬にする場合の通夜の必要性と各所への連絡

家族葬には、決まった形があるわけではありません。そのため、どのような式にするのかを家族で考えることができます。時間的な余裕がないためにできるだけ負担が少ないお葬式にしたいと考える人もいますが、その場合は通夜が必要になるかどうかは問題点となります。

通夜は、本来家族のために取られた時間です。告別式が弔問を受け付けるための場であり、通夜に駆けつけるものではありませんでした。しかし、家族葬となると、通夜も告別式も家族や近親者だけしかいません。そのため、通夜を省いても問題はありません。ここから考えた時に、1日葬という選択肢も取ることができます。問題は、菩提寺などが許すかどうかです。できるだけコンパクトするのは大切ですが、納骨できなくなってしまうようなことも出てくるため、事前に相談しておくことも必要になってきます。これは直葬にした場合でも同様です。どうしても宗教的に儀式をしなければいけないとされたときには、2回行なわなければいけないことも出てきます。

喪主として、通知などもできるだけ限定しておくことも考えておかなければいけません。広げてしまうと、それだけ周囲を混乱させてしまうことになるからです。勤務先などにもできるだけ連絡は控えます。どうしても勤務先などに連絡する場合には、弔問や香典、供花や供物を断る旨を伝えておくのがポイントです。もしも、周囲に伝わってしまった場合には、丁寧に説明して理解してもらうとともに、広がった場合には訃報を出すことも必要となるでしょう。