家族葬の喪主の役割と仕事

家族葬を行なう場合は誰が中心となるのかを考えておく必要があります。喪主の役割はスムーズにお葬式を進行させることです。関係各所に連絡をしていかなければいけませんし、内容も定める必要があります。この管理監督をするのが喪主の仕事です。

お葬式の予算やプランも決めなければいけないため、葬儀社との連絡をしながら流れを決定します。これは一般のお葬式と変わりません。死亡診断書と志望届の提出も重要です。必要事項を記入したうえで市区町村に提出したうえで、火葬許可証を受け取ることになります。葬儀社が届出を行なってくれる場合もありますが、一日葬や直葬といったかたちをとる場合には、さらに時間が無くなるため、優先的に行なわなければいけません。

通夜に関しては、弔問客に対応することになりますが、家族葬では身内などに限定されることになります。お礼を述べるとともに食事も考えておく必要がありますが、通夜振舞いではなく簡単に済ますこともできます。その代わりに、弔問のお断りに時間を割かなければいけなくなるでしょう。お葬式、告別式に関しても、流れ的には変わりません。人数が限定されているため、そこまでの煩雑さにはならないでしょう。

家族葬の場合には、どうしても参列したいといった人の対応がついてきます。そのため、失礼がないように説明して理解してもらうことが大切です。どんな場面でもこうした対応をしていかなければいけなくなるため、できるだけ早い段階から家族葬である旨を伝えておく必要があります。