家族葬と連絡をもらったときのマナー

家族葬で行うことを伝えられたときに、どういった対処をするのかを考えていかなければいけません。いろいろな想いが錯綜する場面ではありますが、原則として参列するべきではありません。自分だから断られたのではなく、家族でお葬式をあげたいからこそ断られたことを理解しなければいけません。ここでややこしくなってしまうのは、斎場や時間といった情報が明記されている場合になります。この場合には、参列できる情報をもらったと判断できますし、家族葬という内容も理解できます。判断に迷うところになりますが、原則としては変わりません。不安になる部分もありますが、その時には直接連絡を取ってみるのが一番です。状況によっては弔電だけは受けている可能性もあるからです。

参列する場合には、基本として明確なお願いがあった場合だけです。口頭で話を受ける場合もありますが、参列してほしいという意思表示がない場合には参列は控えた方がいいです。ここで重要なことは、訃報を受け取っても他の人には終わるまで知らせないことです。情報を他の人に流すことによって、喪主に負担を掛けることが出てくるからです。お葬式終了後に話をしたいという人もいる可能性があります。だからこそ、連絡をもらって他の人に伝えると混乱してしまうことも出てきます。

家族葬に限らず、お葬式の場面では必ず遺族にも弔問客にも配慮しなければいけません。問い合わせと返答だけでも喪主は大忙しになっています。余計な心配をさせないようにすることが、マナーとしても大事なことです。